無駄な時間

FX暦は1年半程度。始めた理由はやはりお金が欲しかったから。

ネットでFX成功者の体験談を目にするたびに、自分もそうなれるのではないかと考えるようになり、なんの知識もないまま始めた。

初めのうちは怖がって少ない金額で取引をしていた。最初は数十円~100円ぐらいしか儲けを出せなかったが、すぐに数百円~数千円の儲けを出したいと思うようになった。掛け金もそのうち数十万円となり、稼ぐ速度は上がった。10分もかからず数万稼げたときは喜びに胸躍った。

しかし、常に勝ち続けるというのは難しく転落もあった。一瞬で稼げたように、一瞬で十万以上損失をだすこともあった。

そのときは、仕事も手につかなくなるほど動揺した。損きりしようとするたびに、また元の値に戻るのではないかと考えてしまい実行できなかった。時間が経てば経つほど損失は膨らんでいった。後になってなぜあの時約定しなかったのかと悔やむことが幾度もあった。むしろ最後には早くこの苦しみから解放されたいとすら思った。そしてついに損きりを実行したときには、掛け金の3分の1は減ってしまった。

1年半かけて、結果的に儲けはマイナスとなった。毎日のように為替の値とにらめっこしていたあの時間は無駄となった。それが安易に金儲けをしようとした者の末路であった。

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です